音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
音楽スタジオの起業日記トップ > プロモーション

メールマガジンの受付を開始しました

メールマガジンの受付を開始しました。

オープン日や予約開始日が決まりましたら、いち早く
メールマガジンでお知らせしたいと思っています。
是非、ご活用下さい。

詳しくは、以下のHPをご参照下さい。

HP向 http://s-aisya.com/mailmagazine.html
携帯向 http://s-aisya.com/m/mailmagazine.html

ビジネスパートナー募集中です

スタジオアイシャは、音楽の普及という大きな方向性でビジョンが
共有でき、誠実な姿勢の企業や団体、ミュージシャンと共に
ハッピーなパートナーシップを築きたいと願っています。

既に何社かと具体的な協業の話をさせていただいておりますが、
さらにオープンに協業をすすめていきたいと思っています。

以下にスタジオアイシャの理念および事業の概要と、協業に関する
スタンスを紹介させていただきます。

これらの内容を確認していただき、協業に関して興味を持って
いただけましたら、メールフォームからご連絡いただけますと
幸いです。

ご連絡をお待ちしております。


■事業の概要(外部リンク)
 http://s-aisya.com/

■理念(ブログ内記事へのリンク)
 理念 

■協業に対するスタンス
・アコースティック楽器を少人数で演奏できる場という「ハード」と、
  お客様の視点から有益と判断できる「ソフト」に関する情報提供を
  スタジオアイシャが提供し、お客様のニーズに応じてハードと
  ソフトを組み合わせてご利用いただくことでお客様の音楽ライフを
  サポートすることを目指します。
・「ソフト」には、例えば以下のような内容があります。
  かっこ内は、企業や団体の例です。
  −楽器を教えること
   (音楽教室、音楽講師出張派遣事業者、音楽講師の団体)
  −発表のを提供すること
   (音楽教室、音楽講師出張派遣事業者、趣味の団体)
  −音楽仲間と出会えること
   (音楽教室、市民楽団、趣味の団体)
  −楽器の購入、修理、レンタル
   (楽器店、リペア技術者、ピアノ調律師)
  −楽曲の作曲やアレンジのノウハウ
   (作曲家、アレンジャー)
  −音楽に関する様々なノウハウ
   (ミュージシャン)
・スタジオアイシャと同様に楽器を演奏する場というハードを
  提供する企業、団体とも、相互補完することで、音楽の普及に
  貢献する関係を築きたいと考えています。
  例えば、大きな10畳以上の防音室やグランドピアノを設置して
  いる防音室などをお持ちの音楽スタジオとも協業を
  させていただけますと幸いです。

■メールフォーム(外部リンク)
 http://s-aisya.com/postmail/postmail.html

みなさんのご協力に感謝の日々です

オープンに向けてプロモーションの準備も着々とすすめています。

その1つの柱が、音楽の普及というビジョンを共有できる企業や団体との
協業です。協業とまではいかなくても、チラシの相互設置や私の足りない
知恵をお借りしたりなど、多くの協力をいただいています。

事業計画では、「メリットが共有できる人たちとネットワークを築き、
情報を流通」と書いていました。

事業計画「マーケティング戦略 4P Promotion」

こうは書いていましたが、うまく言えないのですが「多くの方に協力
いただいている」というのが今の実感です。

主なところだけでも、以下のようなことが進行中です。

・プレスリリースで賛同としてのコメントを数社が掲載
・武蔵小杉の音楽教室や音楽スタジオ、ジャズ喫茶などとのチラシの共同設置
・アップライトピアノを購入する際の調律師さんのサポート

企画段階から、ヤマハさんや音楽講師の出張派遣事業者の方から、技術支援や
業界動向などのノウハウを提供いただいていました。プロモーションをスタート
させてからは、武蔵小杉エリアの音楽教室や音楽スタジオなどとお話をさせて
いただき、こころよくチラシを置いていただいています。

見方によっては競合とも考えられる、当スタジオから徒歩5分の音楽スタジオ
「studio muGic」の店長さんとお話をさせていただいた時、「お互いの長所を
活かして、この地域の音楽の活性化できるといいですね」とのお言葉を
いただいた時には、本当にうれしかったです。

書きはじめるとキリがないのですが、そんなこんなで順調に進んでいます。

ちょっと考えるととても不思議な感覚になります。そもそも実績もまだなく、
実績どころが店舗の実態さえないのが現状です。しかも個人事業で、事業規模も
とても小さい。当面は私に協力したところで、リターンは微々たる物です。
それにもかかわらず、多くの暖かな協力をいただいています。本当にうれしく、
感謝の日々です。

みなさんへのご恩返しのためにも、お伝えしたビジョンを実現すべくがんばります。

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
PC向  http://s-aisya.com/
携帯向 http://s-aisya.com/m/