音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
音楽スタジオの起業日記 > 経営 > 【経営日記 20年4月】臨時休業(4/8〜)

【経営日記 20年4月】臨時休業(4/8〜)


オープンから9年と7ヶ月半が過ぎました。4月は8日(水)から臨時休業となったこともあり、売上目標をクリア出来ませんでした。

さて、そんな4月の主なトピックは、
・売上目標は未達(対前月で82%減少)
・客数は対前月で大幅に減少
・客単価は対前月で大幅に減少
 (1回あたりの単価は増加し、来店頻度は大幅に減少)
・新規顧客数は対前月で大幅に減少
・稼働率は対前月で減少
 (防音室別の比率は、対前月で0.8畳と2.5畳アップライトが減少)
・利用目的別の比率は、対前月でレッスンが減少して個人練習が増加
・アルバイトスタッフの研修継続中
・休業手当と雇用調整助成金の準備
・営業再開に向けての準備(営業時間見直し、感染予防対策など)

といったところです。


新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、4/8(水)〜5/7(木)の予定で臨時休業に入りました。想定していた中では最悪の状態になってしまいました。

臨時休業については、次の記事にもアップしています。
新型コロナ対応:臨時休業

当然ながら売上目標はクリアできませんでした。目標達成率は18%、対前月では82%減少、対前年同月比で82%減少でした。

売上の減少分の中身、客数や客単価などについては、この事態なのであまり意味のある数値ではないと思います。とは言え1週間は営業したので、稼働率と利用目的別の比率は営業再開後を見据えて、参考になる数値かもしれません。

営業日のみ有効とした稼働率を見ると、当然ながら全体的に下がっています。対前月で18ポイント減、対前年同月比で23ポイント減です。特に下がっているのが、2.5畳アップライトと2.5畳電子ピアノ、つづいて0.8畳という感じです。

利用目的は当然なのですがレッスンが減少して、個人練習が増加する傾向が続いています。

ザックリ言うと通常の5〜6割の利用、そして多くは個人練習の利用、といったところです。

営業再開後も、当然ですが利用が急に元に戻ることはないと思っています。かなり厳しそうですが、1人での利用であれば感染のリスクは比較的低いので、個人練習で多少は利用いただけるのではと考えています。

新人アルバイトスタッフの研修も先月から順調に進んでいたのですが、臨時休業に入ってしまいました。仕方ないことではありますが、せっかく覚えてもらった仕事をだいぶ忘れてしまうだろうなあということは、地味につらいところです。

長期的な臨時休業ははじめての経験なので、慣れないことがいろいろあります。そんな一つに、休業手当と雇用調整助成金があります。
恥ずかしい話ですが、そもそも休業手当とはなんぞや、から調べはじめました。その内容については、次の記事にもアップしています。
新型コロナ対応:雇用調整助成金

また営業再開を見据えて、準備をすすめています。

営業時間は当面、利用が少なくなることを想定して短縮することに決めました。まずこれで運営してみて、状況に応じて見直しをする予定です。
具体的な営業時間は、次のHPに掲載しています。
営業時間変更のお知らせ

また、新型コロナウイルスの感染予防策の対策もすすめています。例えば、受付にビニールシートのカーテンを設置したりしていました。他にも、感染予防に効果的な方法を調べたり、備品を購入したりしています。
少し違う観点からは、お客様に利用人数やレンタル楽器の制限をさせていただくことを決めました。詳しくは、次のHPに掲載しています。この内容は、これからも状況に応じてアップデートしていく予定です。
新型コロナウイルス感染予防について(2020/4/28 更新)

何はともあれ健康管理を最優先で、健康管理が仕事だと思って日々を過ごしています。いろいろ気を付けていることもあり、体調はすこぶるいいです。久しぶりにストレス多めということもあり、意識して仕事を忘れる時間を作るようにしています。先日、今更ですが24のシーズン3を見はじめました。相変わらずジャックは無茶苦茶するなー、キムは大人になったなあ、よりによってウイルスの話かよ、とか画面に向かってつっこんでいる間は、とてもいい気分転換になっています。

そんなこんなで、久しぶりに家に籠る日々を送っています。それはそれで楽しいのですが、今後の不安がたまに傷です。こんな時だからこそ得られる経験を味わいつつ、冷静に現実と向き合って、しっかり前に進んでいきたいと思っています。



■関連情報
【カテゴリ】新型コロナ
【経営日記 2019年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2020年の方針】直営2号店のオープン

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。