音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
音楽スタジオの起業日記 > プロモーション > 屋号は「studio Aisya(スタジオアイシャ)」

屋号は「studio Aisya(スタジオアイシャ)」

屋号は「studio Aisya(スタジオアイシャ)」に決めました。

基本的に以下の方針で名前を考えました。上から優先順位が
高い順です。

1.カテゴリを宣言する「スタジオ」を含める
2.短い
3.明るい響き
4.事業の価値を凝縮

いろいろ検討したのですが、4を入れようとするとどうしても長い
名前になってしまうため、4はあきらめました。出来れば「音楽」を
連想する名前にすることに方向修正しました。

2と3を考えたときに、最初に頭に浮かんだ名前がありました。
それが「アイシャ」です。「アイシャ」とはスティービー・ワンダーの
娘さんの名前であり、有名な曲「Isn't she lovely」の邦題「可愛い
アイシャ」の「アイシャ」です。

オリジナルは「Aisha」なのですが、日本人にはなじみにくいスペル
なので、ローマ字に近い「Aisya」にしました。そしてカテゴリである
「スタジオ」を前に付け、「studio Aisya」としました。

「可愛いアイシャ」はサックスの教則本に載っていたり、様々なジャンルの
ミュージシャンが演奏しているので、音楽を連想してもらえることも
期待出来ます。そしてスティービー・ワンダーは私にとって音楽との
出会いであり、今でも大好きなミュージシャンという思い入れも
あります。

私に子供はいないのですが、「studio Aisya」を本当の娘のように大切に、
健やかに育てていきたいと思っています。

■関連情報
私の原点(スティービー・ワンダーとの出会い)
ソプラノサックス初心者の練習日記「可愛いアイシャの録音」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック