音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』

【経営日記 21年11月】2ヵ月連続の売上減少

オープンから11年と2ヶ月半が過ぎました。11月は売上目標をクリア出来ませんでした。


さて、そんな11月の主なトピックは、
・売上目標は未達(対前月で9%減少)
・客数は対前月で減少
・客単価は対前月で減少
 (1回あたりの単価、来店頻度ともに少し減少)
・新規顧客数は対前月で少し増加
・稼働率は対前月で減少
 (防音室別の比率は、ピアノのない防音室が減少)
・利用目的別の比率は、対前月でほぼ同様


といったところです。


売上目標はクリアすることが出来ませんでした。
目標達成率は84%、対前月では9%減少、対前年同月比で109%、対前々年(コロナ前)同月比で78%です。
年初に立てた計画よりも売上の回復が遅くなっているので、目標値に届いていないのは仕方ないとしても、全体的に良くない結果でした。
9月が予想以上に良かったことはは言え、2ヵ月連続の減少です。また前月より営業日が2営業日少ないこともありますが、対前月で9%減少は厳しい結果となりました。売上の中身を見ても、客数と客単価ともに減少しています。

今年はコロナ前と比較して約7割の売上で推移していましたが、7月からは8割に近づいてきて、9月はほぼ9割まで回復、10月は少し8割の方に戻して、11月は8割を切ってしまったという感じです。

もちろん、良い時もあれば悪い時もあります。そんなことを繰り返しつつ、徐々に売上が回復していけば問題ないと頭では分かっているのですが、小心者の自分にはなかなかのダメージです。

稼働率は対前月で、ピアノのない防音室(0.8/1.2/1.5畳)が減少しました。

また利用目的別では、対前月でほぼ同様の結果でした。前月はレッスンの利用が増加して、個人練習の利用が減少しました。今月はさらにその傾向が続くと予想していたのですが、あまり変化がありませんでした。しかし、肌感覚としてはレッスンの利用が徐々に回復してきていると感じています。

新規顧客数は前月より少しだけ増加しました。新規顧客数だけは2ヵ月連続減少とはならなかったのにはホッとしています。しかし、今後の傾向は要チェックです。

何が起きているのか分からないまま、新型コロナウイルスの感染が落ち着いている状況がしばらく続いています。そんな中で、世の中も徐々に動き始めて希望が見えてきた矢先に変異株のオミクロンが発見されたというニュースが入ってきました。オミクロンがどういった影響を及ぼすのかは分かっていないことが多いですが、景気の回復に多かれ少なかれブレーキがかかると見ています。とにもかくにも現実としっかり向き合って、冷静に判断して出来ることをしてきたいと思っています。



■関連情報
【経営日記 2020年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2021年1月作成)
【経営日記 2021年の方針】ダメージを最小化して乗り切る

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com