音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』

【経営日記 21年7月】3度目の緊急事態宣言

オープンから10年と10ヶ月半が過ぎました。7月も引き続き、売上目標をクリア出来ました。


さて、そんな7月の主なトピックは、
・売上目標は達成(対前月で6%増加)
・客数は対前月で増加
・客単価は対前月で少し減少
 (1回あたりの単価はほぼ横ばい、来店頻度は少し減少)
・新規顧客数は対前月で少し増加
・稼働率は対前月でほぼ横ばい
 (防音室別の比率は、0.8畳が少し減少して1.5畳が少し増加)
・利用目的別の比率は対前月でほぼ同様
・3度目の緊急事態宣言
・アルバイトスタッフの採用と退職
といったところです。


売上目標は問題なくクリアすることが出来ました。
目標達成率は104%、対前月では6%増加、対前年同月比で118%、対前々年(コロナ前)同月比で78%となり、厳しい状況としては良い結果でした。

売上の中身を見てみると、対前月で客単価が少し減少しましたが、それ以上に客数が増加して売上アップにつながりました。
カレンダーの関係で前月と比較すると営業日数が多かったり、土日祝日が多かったことが大きな要因となって売上が増加しています。しかし稼働率を見ればほぼ横ばいで、実質的には前月と比較してもほぼ横ばいと見ています。
今年はコロナ前と比較して約7割の売上で推移しています。そんな中でもわずかながらではありますが、回復する傾向に向かっています。

新規顧客数は前月が少なくなって少し心配していましたが、7月は増加に転じて一安心です。

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な状況になってきました。
高齢者のワクチン接種は順調で、それに伴って高齢者の感染者は激減しています。これで医療のひっ迫は回避できると期待していたのですが、予想以上に感染者数が増加してきて、医療も急速にひっ迫してきてしまっています。
そんな状況もあって、スタジオアイシャのある神奈川県では3度目の緊急事態宣言が発出されました。ワクチンの接種がある程度すすむまでは、かなり厳しい状況が続きそうです。
感染の波がとてつもなく大きくなりそうで正直怖いですが、出来ることをしていくしかありません。引き続き神奈川県のガイドラインに準拠した感染症対策を取りつつ、さらに工夫を重ねていきたいと思っています。

前月からアルバイトスタッフの採用活動をはじめ、1人の採用が決まりました。しかし、2回出勤した後に本人の希望で退職することになりました。
もちろん、本人にとっては事情があってのことではありますが、私の立場からすればそれはないんじゃあないのという事情です。正直、本当の事情は教えてはもらえていないかもしれません。
いろいろスッキリしないというか、正直なところ怒りも覚えます。ただ私に出来ることは頭を切り替えて、もう一度採用活動をすることです。こんな時でも大人になれば、冷静にスパッと頭を切り替えられるようになるのと思っていたのですが、50代になってもウダウダ考えてしまう自分が情けないっす。

新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が長く続いています。ワクチンの接種がすすんで、状況が改善することを願うばかりです。私もワクチン接種の予約を取ることが出来ましたので、近く接種させていただく予定です。年初ごろはこんなに早く接種できるとは思っていなかったので、本当にありがたく思っています。この、多分最後となる大きな波を、何とか乗り切っていきたい。その先に、やりたいことは山ほどあります。



■関連情報
【経営日記 2020年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2021年1月作成)
【経営日記 2021年の方針】ダメージを最小化して乗り切る

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com