音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』

【経営日記 21年6月】まん延防止等重点措置の再々延長

オープンから10年と9ヶ月半が過ぎました。6月も引き続き、売上目標をクリア出来ました。


さて、そんな6月の主なトピックは、
・売上目標は達成(対前月で2%増加)
・客数は対前月で少し減少
・客単価は対前月で少し増加
 (1回あたりの単価はほぼ横ばい、来店頻度は少し増加)
・新規顧客数は対前月で減少
・稼働率は対前月で少し増加
 (防音室別の比率は、0.8畳が少し増加して2.5畳電子ピアノが少し減少)
・利用目的別の比率は対前月でほぼ同様
・まん延防止等重点措置の再々延長
・アルバイトスタッフの退職と、募集開始
といったところです。


売上目標は問題なくクリアすることが出来ました。
目標達成率は111%、対前月では2%増加、対前年同月比で146%、対前々年(コロナ前)同月比で74%となり、厳しい状況としては良い結果でした。
前年の6月は休業から営業を再開した直後ということもあり、対前年同月比はほとんど意味がありません。おおむねコロナ前の7割程度の売上と思っています。

売上の中身を見てみると、対前月で客数が少し減少しましたが、それ以上に客単価の来店頻度が増加しして売上アップにつながりました。稼働率も少しですが増加しています。5月はGWで祝日が多かったなどの要因があり、少し特殊だったと考えています。4月と比較すると全体的に数値が改善していて、ここ数ヶ月はわずかながらですが回復傾向が見えます。

対前月で一番大きな変化が新規顧客数です。対前月から大幅に減少しました。しかしこれも5月が少し特殊で、4月並みの水準に戻った感じです。4月と比較すれば少し増加していて、これも良い傾向です。

スタジオアイシャがある川崎市で、まん延防止等重点措置が再々延長されました。新規感染者数は下げ止まりから増加傾向に転じているように見えます。変異株の影響も見えにくく、どうなるやら不安な日々です。
とにかく自分に出来ることとしては基本的な感染症対策を深堀りしつつ、ワクチンの接種が順調にすすんでいくことを願うばかりです。高齢者へのワクチン接種がある程度すすめば、医療のひっ迫が改善されることが期待できます。まずはその状態になれば、希望が見えてきます。

アルバイトスタッフの1人が退職することになりました。最初の募集で採用させていただいたスタッフで、かなり長い間働いていただいたこともあり、とても残念です。しかし前向きな話であり、当然ながら仕方ないことです。
このことに伴い、アルバイトスタッフの募集を再開しました。前回の募集と同様、次のような無料で出来る方法を活用しました。
・自前のHPで求人掲載(SEO対策)
・SNSやメルマガなどでアナウンス
・music job への掲載
・indeed への掲載
・Googleしごと検索への対応
コロナ前は募集の回を重ねる毎に応募が少なくなっていました。しかし、今回はありがたいことに、たくさんの応募をいただいています。コロナの影響で、仕事自体が少なくなっているのかなと感じています。今のところ、indeed経由の応募が多い傾向があります。

新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いています。しかしそんな中で、ワクチンの接種が比較的順調にすすんでいるのが救いです。私にも接種券が届きましたので、予約の枠にある程度余裕が出てきたら、接種させていただきたいと思っています。まだまだ厳しい状況が続きますが、出口も少しづつ見えてきました。何とか、乗り切っていきたいと思っています。



■関連情報
【経営日記 2020年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2021年1月作成)
【経営日記 2021年の方針】ダメージを最小化して乗り切る

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com