音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』

【経営日記 21年5月】まん延防止等重点措置の延長、そして再延長

オープンから10年と8ヶ月半が過ぎました。5月も引き続き、売上目標をクリア出来ました。


さて、そんな5月の主なトピックは、
・売上目標は達成(対前月で7%増加)
・客数は対前月で増加
・客単価は対前月で少し減少
 (1回あたりの単価はほぼ横ばい、来店頻度は少し減少)
・新規顧客数は対前月で大幅に増加
・稼働率は対前月で少し増加
 (防音室別の比率はほぼ同様)
・利用目的別の比率は対前月で、個人練習が少し増加してレッスンが少し減少
・まん延防止等重点措置の延長、そして再延長
・トロンボーンのレンタルを終了
といったところです。


売上目標は問題なくクリアすることが出来ました。
目標達成率は117%、対前月では7%増加、対前年同月比で1,783%、対前々年(コロナ前)同月比で73%となり、厳しい状況としては良い結果でした。
前年の5月は休業していたので、対前年同月比はほとんど意味がありません。おおむねコロナ前の7割程度の売上と見ています。

売上の中身を見てみると、客単価は少しだけ減少しましたが、それ以上に客数が増加しして売上アップにつながりました。稼働率も少し増加しています。
5月はGWで祝日が多かった上に土日の営業日が多かったということを踏まえても、対前月で少し改善したと考えています。

対前月で一番大きな変化が新規顧客数です。対前月でほぼ倍増、コロナ前と比較しても多い方です。とは言え、GWの影響などもあり一時的な現象だと思っています。
新規顧客数は重要な先行指標で、これが増加傾向になれば売上も徐々に回復してくるので、今後を見る上で重要なポイントです。

スタジオアイシャがある川崎市で、まん延防止等重点措置が延長され、さらに再延長されました。新規感染者数は減少傾向ではありますが、その減少幅は限定的です。いろいろありますが、結局のところワクチンにたよるしかない状況だと考えています。高齢者へのワクチン接種がある程度すすめば、夏ごろには重傷者が減少して医療のひっ迫が改善されることが期待できます。それまでは、かなり厳しい状況が続くと予想しています。

また、トロンボーンのレンタルを終了しました。お客様のご好意でお預かりしたトロンボーンをレンタルするということをさせていただいていました。しかし、新型コロナの感染予防のためにレンタルを停止して1年以上がたってしまいました。そして当面はレンタルを再開する目途が立たず、利用もあまりなかったことから、レンタルを終了する判断をしました。もちろん、お預かりしていたトロンボーンを寝かせたままにしておくのは申し訳ない気持ちもありました。

新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いています。しかしそんな中で、ワクチンという希望の光も見えてきています。ワクチンの接種が少しでも早くすすむことを願いつつ、とにもかくにも冷静に、自分に出来ることをしっかり続けていきたいと思っています。



■関連情報
【経営日記 2020年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2021年1月作成)
【経営日記 2021年の方針】ダメージを最小化して乗り切る

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com