音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』

【経営日記 21年2月】決算・申告と緊急事態宣言の延長

オープンから10年と5ヶ月半が過ぎました。2月も1月に引き続き、売上目標をクリア出来ました。


さて、そんな2月の主なトピックは、
・売上目標は達成(対前月で9%増加)
・客数は対前月で増加
・客単価は対前月でほぼ横ばい
 (1回あたりの単価、来店頻度ともにほぼ横ばい)
・新規顧客数は対前月でほぼ横ばい
・稼働率は対前月で増加
 (防音室別の比率は、対前月で1.2畳が少し増加して、2.0畳アップライトが少し減少)
・利用目的別の比率は、レッスンが少し増加して、個人練習が少し減少
・決算・申告書提出

といったところです。



売上目標は問題なくクリアすることが出来ました。
目標達成率は121%、対前月では9%増加、対前年同月比で69%で、緊急事態宣言下という状況では、良い結果でした。

売上の中身を見てみると、客数が少し増加して、客単価が横ばいという状況です。1月と比較して、客数が増えた分が売上増に繋がっています。
新規顧客数は12月に大きく減少して心配していましたが、1月は少し回復して2月もほぼ横ばいという状況で、今の状況を踏まえれば十分な数字だと思っています。

緊急事態宣言の期間が2/7までから3/7までに延長され、さらに延長される雰囲気です。そんなこんなもあり、1〜4月の売上はコロナ前の50〜60%程度になると予測していましたが、コロナ前の約70%で推移していて予想以上に堅調です。緊急事態宣言発出前の数カ月もコロナ前の70%程度で推移しており、発出後も売上の落ち込みがほとんどありません。政府の支援策が2020年より期待できない中、当面はこの程度が維持出来ればありがたいです。

今月は決算と税の申告に関する作業をしていました。法人として4期目ということもあり、だいぶ効率化出来るようになってきています。
法人税の申告では「全力法人税」というソフトを活用しています。私のように申告を外部に委託しないで自力でしているような人には秀逸なソフトです。前期からeLtaxのエクスポートに対応していましたが、今期からはe-taxの申告にも対応してくれて、本当に助かりました。
ただ、消費税の申告書だけは「弥生会計」から出力していて、e-taxに対応していないので郵送になってしまったのは残念です。弥生会計さんには、e-tax形式のエクスポートに対応してほしいところです。
これで面倒な決算・申告も終わり、これからはいろいろな仕事に手が回るようになりそうです。

新型コロナウイルスの影響が長期化していて、収束までにはまだまだ時間がかかりそうです。こんな時は冷静に現状を把握した上で出来ることを検討し、優先順位をつけて淡々と仕事をしていくしかないと思っています。



■関連情報
【経営日記 2020年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2021年1月作成)
【経営日記 2021年の方針】ダメージを最小化して乗り切る

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com