音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
音楽スタジオの起業日記

新型コロナ対応:臨時休業

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、想定していた最悪の事態まで来てしまいました。休業です。

3月は営業を続けるべきか、休業すべきか悩みまくった日々でした。
最終的に自分に問うたのは次の2つの質問でした。

「休業したいのか?」

したい。
恥ずかしい話ですが正直、この悩みから逃れたいという気持ちもありました。

「休業できるのか?」

出来る。
休業の想定は最短で3週間、最大で2カ月。主に必要な費用は家賃とスタッフの休業手当、他に諸々といったところです。
おかげ様でスタジオアイシャの経営は順調で、2号店を目指して資金を蓄えていました。たまたまそういうタイミングだったこともあり、資金面は大丈夫です。
もちろん、2号店のためにコツコツ蓄えた資金が消えていくのは身を切られる思いです。しかし、この最悪の状態では2号店の優先順位は下げざるをえません。
それにしても、計画通り2019年に2号店をオープンしていたら、資金的に休業という判断は出来なかったかもしれません。それを想像すると本当にゾッとします。

そんなこんなで、3月末には緊急事態宣言が発令されたら臨時休業をする決断をしていました。そして実際に発令されたタイミングで、その期限も踏まえて4/8(水)〜5/7(木)を臨時休業することにしました。

臨時休業をアナウンスした後、たくさんいただいている予約をキャンセルする処理をしていました。本当にたくさんの予約をいただいていて、それをキャンセルするのはつらい仕事でした。決心したはずなのに「1人での練習ならリスクは少ないのに」「レッスンで生計を立てているのに申し訳ない」など、いろいろな思いが頭に浮かんできます。

他にも臨時休業に入るための作業や、後回しにしていた事務作業などを片付けて、一段落したところでこのブログを書いています。いくつかの悩みから解放されて、気持ちはだいぶ楽になりました。

こうなると、次にすべき事はおのずと決まってきます。まずは、この臨時休業で受けるダメージを和らげたいところです。そのために、公的なサポート制度を最大限活用したいと思っています。
本格的に調べるのはこれからですが、雇用調整助成金と中小企業向けの給付制度が有望そうです。

いつになるかは分かりませんが、もし2号店を実現できたとしても、その後に感染症のリスクと向き合わなければならなくなる可能性は高いと考えています。そんな時のために、今回の経験からどれだけ学びとれるかが大切だと自分に言い聞かせつつ、休業期間を過ごしたいと思っています。



■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com


【経営日記 20年3月】新型コロナの影響:売上は対前年同月比17%減少


オープンから9年と6ヶ月半が過ぎました。3月は売上目標をクリア出来ませんでした。

さて、そんな3月の主なトピックは、
・売上目標は未達(対前月で約10%減少)
・客数は対前月で減少
・客単価は対前月で増加
 (1回あたりの単価、来店頻度ともに増加)
・新規顧客数は対前月で減少
・稼働率は対前月で減少
 (防音室別の比率は、対前月でアップライトピアノ、電子ピアノ、0.8畳が減少)
・利用目的別の比率は、対前月でレッスンが減少して個人練習が増加
・新人アルバイトスタッフの採用決定と、研修開始
・新型コロナウイルスの対策(情報収集と営業時間見直しなど)

といったところです。


売上目標はクリアできませんでした。目標達成率は93%、対前月では10%減少、対前年同月比で17%減少でした。
売上減少の主な要因は新型コロナウイルスの影響です。スタジオアイシャの場合は音楽スタジオとしては特殊で、個人練習での利用がメインです。1人での利用であれば、利用中の飛沫感染のリスクは極めて低いと考えられることもあり、影響は限定的でした。レッスンなど2人以上の利用がキャンセルとなる中、その枠を個人練習の予約が入ったりと、しばらくは稼働率が大きく減少することはありませんでした。
しかし、外出自粛の要請が出てから状況がガラリと変わり、利用は通常の6割程度まで減少してしまいました。

売上の中身を見てみると、客数が大幅に減少して客単価が増加しています。また、稼働率はピアノのある広めの防音室の利用が減少し、ピアノのない1.2畳と1.5畳の稼働率が増加しています。利用目的はレッスンが減少して個人練習が増加しています。
この数値からも、レッスンなど2人以上での利用が減少する一方、常連のお客様が個人練習で、高い頻度で長い時間ご利用いただいた状況が見て取れます。そんなこともあり、大幅な売上減少にはつながりませんでした。

注視している新規顧客数も、前月と比較すると減少しています。しかし、外出自粛要請が出る前はほぼ前月レベルでした。

先月にアルバイトスタッフが1人退職したため、欠員補充のための採用活動をしていました。ありがたい話で、募集していた2月という時期としては予想より応募が多く集まり、早速採用が決まりました。研修も開始して、順調にすすんでいます。

また、4月から営業時間を変更するため、そのアナウンスをしました。今まで隔週月曜日は夜のみ営業していたのですが、これを廃止して毎週月曜日を定休日とすることにしました。これはもともと、2号店が本格的に動き始めたら私の時間のバッファを多めに取りたかったので、その時に実施するつもりでした。しかし新型コロナウイルスの影響を踏まえ、前倒しで実施することにしました。

みなさんご存知の通り、新型コロナウイルスは経済活動に大きなダメージを与えています。
そんな中、いろいろ悩みながらの日々です。そもそも営業すべきなのか、レッスンで生計を立てている方、スタッフの収入、スタジオアイシャの資金、などなど・・・
なんだか久しぶりにストレス多めの日々ですが、そんな時にはスティービーの音楽が聴きたくなるのです。今までどれだけ助けてもらってきたことか。
厳しい状況ですが、とにかく現状を冷静に分析し、自分に出来ることを考え、優先順位をつけて仕事をしていきたいと思っています。
そして2号店の計画は見直す必要がありますが、あきらめたわけではありません。目の前の壁をまずは乗り越えて、なんとか前に進みたいと思っています。



■関連情報
【経営日記 2019年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2020年の方針】直営2号店のオープン

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com


【経営日記 20年2月】新型コロナウイルス

オープンから9年と5ヶ月半が過ぎました。2月は売上目標をクリアして、2020年は予定通りの滑り出しになりましたが一転、新型コロナウイルスのリスクと向きわなければならない状況になりました。

さて、そんな2月の主なトピックは、
・売上目標は達成(対前月で増加)
・客数は対前月で増加
・客単価は対前月で減少
 (1回あたりの単価がほぼ横ばい、来店頻度が減少)
・新規顧客数は対前月で増加
・稼働率は対前月で少し増加
 (防音室別の比率は、対前月で2.5畳電子ピアノが少し減少して、2.5畳アップライトが少し増加)
・利用目的別の比率は、対前月でほぼ同様
・決算・申告書提出
・アルバイトスタッフ1名の退社と、募集再開
・新型コロナウイルスの対策(主に情報収集)

といったところです。



売上目標は問題なくクリアすることが出来ました。対前月では8%増加、対前年同月比では増減なしでした。
営業日などの兼ね合いからは対前月で増加して、稼働率も少し増加しているので、実質的には対前月で少しだけ良い結果と見ています。
新型コロナウィルスの影響がもっと出るかと予想していたのですが、月にならすと大きな影響はありませんでした。

売上の中身を見てみると、客数が増加して客単価が減少しています。客単価は1回あたりの単価がほぼ横ばいで、来店頻度が減少しています。1月が少しイレギュラーな数値で、2月はほぼいつも通りに戻った感じです。

ずっと注目している新規顧客数ですが、前月と比較すると増加して好調でした。約半年ぶりくらいのいい水準なので、このまま好調を維持したいところです。

1月に8割がた出来ていたのですが、決算と申告を仕上げました。スタジオアイシャの場合は税理士さんにお願いせず、自前で対応しています。そんなこともあり、無料で対応いただける外部に内容を確認いただいたり、相談をさせていただくことがあります。今回は法人会と税務署にお時間をいただいた上、内容を確定して無事に提出となりました。

残念なことに、スタッフの1人が退職することになりました。退職の理由はとても喜ばしい話で個人的にはうれしいのですが、スタジオの責任者としては正直複雑な気持ちです。
もちろん仕方ないことなのですが、安心して仕事を任せられるスタッフが退職となるので、その穴を埋めなければなりません。まずはアルバイトスタッフの募集を再開しました。今回の募集を機に、募集する方法を少し勉強し直しました。今までの募集スタイルは、主に次にような感じでした。
・自前のHPで求人掲載(SEO対策)
・SNSやメルマガなどでアナウンス
・music job への掲載
ちなみにこれらは全て費用がかかっていません。他に無料で出来る施策を検討して、今回はindeedとGoogleしごと検索を活用してみました。
また、スタッフ育成についての本を読んだりしていました。

2020年がスタートしていきなり新型コロナウイルスという大きなリスクと対峙することになりました。
感染症は想定していたリスクの一つではありますが、ついに来たかという気持ちです。こういう時に一番大切なのはキャッシュフローです。幸いにも、今は2号店のための資金を蓄えていて、キャッシュフローに余裕があります。なので最悪の状態になったとしても、店が潰れる心配はなさそうです。
もし計画通り2019年に2号店をオープンして、キャッシュフローが厳しい時にこの事態を迎えたらと思うとゾッとします。

3月は新型コロナウイルスの影響で売上は減少すると予想しています。こんな時は冷静に現状を把握した上で出来ることを検討し、優先順位をつけて淡々と仕事をしていくしかないと思っています。しかし今回一番難しいのは現状把握です。どのくらい市中に感染が拡大しているのかさえ、誰にも明確に判断できない状況。難しい舵取りになりそうです。



■関連情報
【経営日記 2019年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2020年の方針】直営2号店のオープン

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com