音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
音楽スタジオの起業日記トップ > はじめに

はじめに

はじめまして、永嶋です。

このブログは「音楽スタジオで起業する」と決意した私が、その夢を実現すべく、事業のアイデアや日々の気付きなどを書き綴っていく日記です。

これから始めたいと思っている事業は、分類すればサービス業の1種である音楽スタジオ、その中でもリハーサルスタジオになると思います。しかし、その中身は少し変わっています。

リハーサルスタジオとは、楽器を練習するための場所をレンタル(時間貸し)するサービスです。レンタルスタジオと呼ばれることもあります。

一般的には10畳程度の防音された部屋を複数配置し、各部屋にドラムやアンプなどが置かれています。ロックバンドが電子楽器を練習するためのサービスが多いようです。

一方私が計画しているリハーサルスタジオは、サックスやバイオリンなどのアコースティック楽器専用で、1人(個人練習)もしくは少人数向に特化していることが特徴です。1部屋の広さは1〜4畳程度であまり広くありませんが、優れた防音・音響を提供し、価格は1時間500〜1,200円程度に抑え、日々の練習をサポートしたいと考えています。「リハーサルスタジオ」というよりは「楽器の練習室」という方がイメージしやすいかもしれません。また、楽器を預かるサービスやサックスなどの楽器をレンタルするサービスも提供したいと考えています。私の知る限り、このようなリハーサルスタジオはほとんど存在しないと思います。

このブログはじめた20010年5月12日現在の状況は、事業計画を作成して市場調査も一段落し、4月中旬から物件探しを始めました。思いがけず良い物件に出会ったこともあり、あわてて融資を申し込んだりと、バタバタしはじめました。これからいろいろな事が起こりそうです。

具体的な内容は徐々にアップする予定です。起業のプロセスや背景をなるべくオープンにしていきたいと思っています。もし可能であれば、いろいろな立場の方からコメントをいただけますとうれしいです。そして同じ時代を生きる皆さんにとって、少しでもヒントになることがあれば幸いです。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

永嶋 広之


【経営日記 18年4月】今年はじめての目標未達

オープンから7年と7カ月半が過ぎました。4月は今年はじめての目標未達となってしまいました。

さて、そんな4月の主なトピックは、
・売上目標は未達(対前月で約8%減少)
・客数は対前月で横ばい
・客単価は対前月で減少
 (1回あたりの単価が横ばいで、来店頻度が減少)
・新規顧客数は対前月で増加
・稼働率は対前月で減少
 (防音室別の比率は対前月で大きな変化なし)
・利用目的別の比率は、対前月で個人練習が減少して、レッスンが増加
・リスティング広告の費用対効果が悪化
・シフト管理サービスの移行
・新人アルバイトスタッフの採用と研修開始

といったところです。


売上は今年はじめて目標をクリアすることが出来ませんでした。対前月では約8%減少していて、対前年同月と比較してもマイナスです。稼働率も対前月で全体的に下がってしまっています。

売上の中身を見てみると、客数は横ばいですが客単価が減少しました。客単価の中身は1回あたりの単価は横ばいで、来店頻度が減少しています。この来店頻度の減少分が売上の減少分です。前月の来店頻度が通常より高く、それが戻ったという状況です。

そんな中でも新規顧客数が増えたのは、とてもよい傾向でした。

5月の売上減少と直接関係はないと思いますが、広告宣伝としては唯一、費用をかけているリスティング広告の費用対効果が悪化しました。原因はいろいろな要素がからみあっていて、悩ましいところです。

売上が一時的に下がったことについてはそれほど問題だと思っていませんが、今年に入ってから客数が少なめなのが今の課題だと考えています。この状況を踏まえて、広告宣伝の対策を打ちたいと考えています。しかし、リスティング広告は費用対効果が悪化していて、単純にそこに頼れないのが難しいしいところです。

シフト管理ではシフオプLiteという無料のサービス(クラウド)を活用していたのですが、このサービスが終了することになってしまいました。シフト管理では同様なサービスを継続したかったので、いろいろ検討して別のサービスへ移行しました。今度は有料のサービスですが、止むを得ません。

また新人のアルバイトスタッフを1人採用し、研修をスタートしました。オリエンテーションなどは、私自身だんだん慣れてきたかなと思っています。

今年に入ってから、風向きが少し変わってきた感覚を持っています。ここ数年がよすぎたのではという気もしています。とにもかくにも、どんな状況になったとしても、大切なのは常に冷静に現状と向き合って、将来への判断を重ねていくことだと、自分に言い聞かせています。



■関連情報
【経営日記 2017年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2018年の方針】2号店の事業計画作成

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/