音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
音楽スタジオの起業日記 > 2号店準備 > 2号店事業計画 市場調査:徒歩圏内の市場データ

2号店事業計画 市場調査:徒歩圏内の市場データ

2号店の市場調査、徒歩圏内の人口や世帯数などの市場データについてです。

1号店(武蔵小杉店)の場合、利用人数と売上ともに約7割が電車を利用しています。企画段階の予測は電車の利用者とそれ以外で半々くらいではと思っていたのですが、電車の利用者が予想より多かったのです。

もちろん電車を利用して来店する場合の需要予測が重要になりますが、徒歩や自転車で来店する場合の予測も必要になってきます。となると、徒歩/自転車圏内(例えば駅から2km範囲内)の人口、世帯数などの統計データが欲しくなってきます。

そんなデータを取得するにはいくつか方法がありますが、私の場合は次のソフトを利用させていただきました。


統計てきめん2プレミア


1号店の時にも利用させていただきましたが、小規模の事業でも利用しやすい料金体系になっているのがありがたいところです。

このソフトは特定の場所から半径2kmなど、指定したエリアの国勢調査や商業統計などのデータを集計することが出来ます。私の場合は、主に次のようなデータを活用させていただいています。
人口、世帯数、20歳以上の人口、集合住宅世帯数、昼間人口、小売年間販売額

駅を基点に特定半径ごとにデータを比較すると、その特徴が見えてきたりします。また1号店の武蔵小杉駅のデータを基準にして、2号店の徒歩/自転車圏内の売上を予測することが可能です。


■関連情報
カテゴリ:2号店準備

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。