音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
音楽スタジオの起業日記 > 経営 > 【経営日記 2019年の方針】直営2号店のオープン

【経営日記 2019年の方針】直営2号店のオープン

2019年の方針となるこの記事は、以下の2つの記事がベースになっています。

【経営日記 2018年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)

「【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)」の記事では、中期的な目標を以下のように設定しました。

===========================================
■中期的な目標【2019年前半】
・直営の2号店をオープン
===========================================


これらを踏まえて検討し、2019年の方針を次のように決めました。


■売上目標(武蔵小杉店のみ)】

・年間の売上:XX万円(対前年比で3%減少)

売上については実現可能で現実的な値を設定しました。無理な目標値は健康的な経営ではないと考えています。2018年は実質はじめて前年割れという結果になりました。そして2019年は私が武蔵小杉店にはあまり時間を使えない状況、外的な環境の変化なども踏まえて総合的に検討した結果です。これでも十分なレベルの売上だと考えています。


■直営2号店オープンに向けて注力ポイント

1.事業計画作成
2.資金調達
3.店舗の決定(場所と物件)

2019年の最大の目標は直営2号店のオープンです。既に進捗は遅れていて当初の目標の前半は難しいのですが、年内の実現を目指したいと思っています。しかしながら、期限にはあまりとらわれず、あせらず冷静に進めるつもりです。

直営2号店オープンの実現に向けて、3つの注力ポイントに設定しました。

1.事業計画作成
基本的なコンセプトは1号店と同じです。難しいのは事業計画の数値を詰めるところです。市場調査に基づいた立地の選定と、どの程度の規模(防音室の数など)にするか、そのためのコスト、需要予測などをしっかり煮詰めたいと思っています。

2.資金調達のめどをつける
どのくらいの資金が必要で、どうすれば調達できるかのめどをつけ、それを元に実際に資金を調達する必要があります。1号店のオープンまでに一番苦労したのが資金調達でした。その時以上の、私にとっては莫大な資金を調達するという壁を越えなければなりません。

3.店舗の決定(場所と物件)
目標の実現に向けて、一番の不確定要素がこの店舗の決定です。もう少し言うと、店舗物件を探し始めてから適切な物件が見つかるまでの期間が読めません。数ヶ月で決まる場合もあれば、年単位で探すこともあり得ます。その後の事業展開に影響が大きいため、安易に決めるわけにはいきません。正直、”運”の要素が多いのです。1号店は運よくすぐに物件が見つかりましたが、さて今回は...

直営2号店をオープンするまでには、他にも課題は山ほどあります。とにかく、一歩一歩前に進むしかありません。起業した時は夢物語だった2号店の実現が、かなり実現に近づいています。こんな経験はそうそう出来るものではありません。じっくりプロセスを味わって、楽しんでいきたいと思います。



■関連記事
【経営日記 2018年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
https://s-aisya.com/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。