音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
音楽スタジオの起業日記 > 法人成り > 法人成り11−予定納税の減額申請

法人成り11−予定納税の減額申請

法人成りに伴って、法人設立前後は手続きが目白押しですが、そのしばらく後にも細かな事がポツポツ出てきます。その一つが、予定納税関連です。

予定納税とは、ざっくり言うと前年の所得税の実績から、ある程度の納税額を見込んで、前倒しで納めて下さいという制度です。

個人事業の時は確定申告で所得税を計算して納めています。ところが、法人になると役員報酬で月々得ている収入から源泉徴収で所得税を納め、年末調整でつじつまを合わせる形に変わります。

そのようなこちらの事情とは関係なく、個人事業だった時の所得税をベースに、法人になっても予定納税の通知が届きます。源泉徴収で支払った上に、予定納税を支払う必要はないはずです。

これまた面倒なことなのですが、予定納税を納めなくていいようにするためには手続きが必要になってくるのです。この手続きが、予定納税の減額申請です。

予定納税を納めて、年末調整でづじつまを合わせる方法もあります。しかし年末調整の時期はバタバタしそうだったので、予定納税の減額申請をすることにしました。以下は、その手続きについてです。

まず、期限が短いことに注意です。納付書が届いた6月15日頃から約一か月後の7月15日が期限となります。

書類は、「予定納税の減額申請」で国税庁の次のようなページが見つかると思います。
平成 29 年分所得税及び復興特別所得税の予定納税額の7月(11月)減額申請書(PDFファイル)
この書類に記入することになります。

ほとんど問題ないとは思いますが、少しややこしいのが申告納税見積等の計算書部分だと思います。私の場合、次のサイト利用させていただきました。
所得税・住民税簡易計算機

申請してしばらくしたら、承認通知書が郵送されてきました。通知書の承認後の額が0円になっていれば、予定納税はしなくてもOK。

それにしても、手続きが多すぎますぜ。



■関連情報
スタジオアイシャ合同会社を設立して法人化しました
カテゴリ「法人成り」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。