音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
音楽スタジオの起業日記 > 法人成り > 法人成り9−会計5 個人事業最後の確定申告

法人成り9−会計5 個人事業最後の確定申告

法人成りに伴って、個人事業は廃業という形を取ります。そして、その最後の仕事が確定申告です。

基本的な事として、法人の経費として計上するか、個人事業の経費として計上するかを分類整理します。地味なところですが、個人事業で発生した経費を漏れなく、法人と重複なく計上するということが重要だと思います。

スタジオアイシャの場合、廃業日を2016年12月31日としていて、期末と同じ日なので比較的シンプルです。そんな中でも気を付けることはあって、特に事業税の見込み額の計上を忘れないように注意しました。

個人事業税は2016年の分は通常2017年の夏ごろ納税する必要があります。ということは、納税する時には個人事業は廃業しているので、経費として計上できません。なので、廃業年度の個人事業税に限り、見込額を計上可能なのです。
この見込み額の計算が分かりにくい。

計算式:(A±B)×{R÷(1+R)}

A:事業税の見込額を控除する前の事業所得
B:事業税の課税標準の計算上Aの金額に加算し、または減算する金額
R:事業税の税率

Aは比較的分かりやすいと思うのですが、BとRが?という感じです。次のURLの記事を参考に、計算しました。
http://biz-owner.net/tax/kojinjigyouzei
https://www.monodanekaikei.com/blog/likelihoo-personal-business-tax/

ちなみに確定申告の後に県税事務局から電話があって、確定申告で事業税の見込みを計上していますかとの確認がありました。税金が少なくなる方向で役所が提案してくることはないと思っていたので、少しびっくりしました。まあ手間を考えれば、確定申告の時にきっちり見込み額を計上しておく方がいいと思います。

ということで、個人事業の最後の確定申告が終われば、個人事業の会計処理も終了。法人の会計1本に出来るので、だいぶ楽になります。


■関連情報
スタジオアイシャ合同会社を設立して法人化しました
カテゴリ「法人成り」

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。