音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
音楽スタジオの起業日記 > 法人成り > 法人成り8−会計4 法人としての会計諸々

法人成り8−会計4 法人としての会計諸々

法人化してみて、実質的な運営に大きな違いはないのですが、会計上ではその違いを感します。

個人事業でよく使っていた勘定科目、事業主貸や事業主借が法人では存在しません。基本的には個人の財布と法人の財布は別、という考え方になります。しかし、実際の運営ではそうもいきません。例えば私個人の財布から店舗で使用するトイレットペーパーを購入する場合です。いろいろ調べてみて、このようなケースでは役員借入金という勘定科目を使うことにしています。その際は、私からお金を一時的に借りた状態にななって、BS上に残ります。この借入がある程度たまってきたら、返済する形を取っています。

また、私個人の収入についての扱いも違います。法人では、代表の私の収入は役員報酬という勘定科目で経費として処理します。この役員報酬の設定が、結構難しかったりします。スタジオアイシャが法人化した目的の1つは、2号店を実現するための資金調達をしやすくするためです。そのためには、なるべく赤字決算にはしたくありません。一方、法人化の別の目的では節税もあります。節税のためには、なるべく法人の利益を減らすために、役員報酬を赤字にならない程度まで経費にしたいのです。このためには、年間の売上と経費を予測する必要があります。売上は今までの6年間の実績があるので、ある程度可能です。一方、経費は法人としての経費が個人事業とは違う点も多く、難しいところです。私の場合、事業計画を作って役員報酬を設定した後、経費の予測で漏れがることが分かりました。具体的には、社宅の経費(これについては、別途節税に関する記事にする予定です)の見込が漏れていたのです。ちなみに役員報酬は、一度決めた後は基本的に変更が難しいのです(不可能ではないのですが)。この経費の読み違いで、2017年は赤字になってしまう危険性があります。2年目以降は経費の見込みの精度はかなり上がると思いますが、1年目はなかなか難しいです。

その他についても、法人の会計については少しでも効率化したくて勉強をしていました。その中でも、次の本が特に参考になりました。

■ひとり社長の経理の基本


社長1人の法人だけでなく、小規模の法人でしたら参考になることが多いと思います。

そんなこんなでいろいろありますが、これからも会計について勉強しつつ、経験を積んでいきたいと思います。

■関連情報
スタジオアイシャ合同会社を設立して法人化しました
カテゴリ「法人成り」

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450928296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック