音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
音楽スタジオの起業日記 > 運営 > アップライトピアノの防音室とレンタル楽器・機器における値上げの背景

アップライトピアノの防音室とレンタル楽器・機器における値上げの背景

先日ホームページなどで、アップライトピアノの防音室とレンタル楽器・機器の値上げについてアナウンスをさせていただきました。詳細につきましては、ホームページにおける次のページをご参照下さい。
アップライトピアノの防音室とレンタル楽器の値上げについて

具体的な料金や時期など、詳細についてはホームページに書いてある通りです。ブログでは背景と言いますか、言い訳的なことを少し詳しく書かせていただきます。

スタジオアイシャはオープンから6年以上、防音室の料金は変えずに運営してきました。この料金はオープンの時に設定した料金で、少し修正をしなければならない時期だと半年くらい前から考えていました。

要因の一つとしては、人件費があります。最低賃金の上昇率が予想より高かったことと人手不足が重なって、人件費の上昇が続いています。そして、この流れはしばらく変わらないと考えています。また、店舗の家賃もあります。武蔵小杉は地価が上昇していることもあり、次の契約更新では家賃が値上される予定です。他にも、経費が高くなる要素が増えてきました。

これらの状況を踏まえて、健全な経営を持続していくための方策の一つとして、料金体系を見直していました。

話は少し変わりますが、オープン時には経験不足で決定しなければならないことがたくさんあり、その決めたことが後から間違っていたと思うことは結構あります。その一つが、アップライトピアノの料金設定でした。アップライトピアノのメンテナンス費用、例えば調律代はもちろんですが、弦が切れたり、雑音が発生したりと、お金も手間も予想以上に必要でした。これをどこかで修正させていただきたいと思っていたこともあり、この機会に料金のバランスを調整させていただきたいと考えました。同じようにメンテナンス費用を甘く見ていた、レンタル楽器についても同様に考えていました。

他にも運用をシンプルにすることや、2号店の出店時期、消費税の動向など様々な観点から検討した結果、今回のタイミングで値上げをさせていただくこととなりました。ちなみに、消費税が10%になるタイミングでの値上げは、今のところ考えていません。

起業した時にはいつかは通らなければならないと思っていた「値上げ」という決断を、はじめてさせていただきました。正直なところ、申し訳ない気持ちであり、不安であり、とても複雑な心境です。しかしご利用のお客様、今後ご利用いただくかもしれないお客様、スタッフ、そして私のハッピーの総和が少しでも大きくなり、なるべくフェアだと思う決断をしたつもりであり、少しでもご理解いただけますと幸いです。


■関連情報
アップライトピアノの防音室とレンタル楽器の値上げについて

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449643371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック