音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
音楽スタジオの起業日記 > 法人成り > 法人成り7−会計3 法人 資産の購入

法人成り7−会計3 法人 資産の購入

個人事業の資産を法人に引き継ぐ際の、法人側の処理です。法人としては、個人事業から資産を購入するという立場です。

まずは固定資産です。弥生会計で、次のような処理をしました。

法人設立日:2017年1月4日
1.固定資産の登録
個人事業で売却した固定資産を対象に、法人で固定資産の登録をしました。
具体的な作業内容は次の情報を参考にしました。
弥生会計 固定資産管理の流れ
取得年月日:2017年1月4日
取得価額:個人事業で売却した簿価
耐用年数:中古の資産として、次のURLを参照して計算
弥生会計 中古資産にかかる耐用年数について

2.仕訳作成(簿価で購入した場合の仕訳を手動で作成)
借方:固定資産(付属設備など) ****円 /貸方:現金 ****円

固定資産以外でも、個人事業で売却した資産を購入します。
スタジオアイシャの場合、次の勘定科目についても購入しました。
・差入保証金(店舗の保証金)
・長期前払費用(店舗の更新料など)
・立替金(雇用保険など)

例えば差入保証金の場合、次のように仕訳を作成しました。
借方:差入保証金 ****円/現金 ****円

この資産を購入する会計処理をする時に、失敗に気付きました。それは資本金の設定、言い換えると最初に会社に準備しておく現金(預金)です。固定資産の簿価を踏まえて準備をしていたのですが、店舗の保証金の考慮が漏れていました。店舗の保証金は額が大きかったので、資本金だけでまかなえず、役員借入金(私からの借り入れ)で処理せざるをえませんでした。この状況では、2017年のBSに役員借入金が残ってしまう見込みです。スタジオアイシャの場合、2号店を視野を実現するための資金調達を視野に入れています。その際、役員借入金がBSに残るのはあまり好ましくなくありません(もちろん、問題はありませんが)。資本金でカバーできた方がベターでした。

ということでなかなかの手間でしたが、資産の引き継ぎはこんな感じで会計処理をしました。

■関連情報
スタジオアイシャ合同会社を設立して法人化しました
カテゴリ「法人成り」

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック