音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
音楽スタジオの起業日記 > 経営 > 【経営日記 2017年の方針】直営2号店を実現するための現店舗の体制強化

【経営日記 2017年の方針】直営2号店を実現するための現店舗の体制強化

2017年の方針となるこの記事は、以下の2つの記事がベースになっています。

【経営日記 2016年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)

「【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)」の記事では、中期的な目標を以下のように設定しました。

===========================================
■中期的な目標【2019年前半】
・直営の2号店をオープン
===========================================


これらを踏まえて検討し、2017年の方針を次のように決めました。


■売上目標

・年間の売上:XX万円(対前年比4%アップ)


■3つの注力ポイント

1.スタッフ増員(スタッフで基本的に100%の営業時間をカバー)

2.現店舗の責任者に関して、ある程度目途をつける

3.2号店の事業計画書(ラフ版)作成


2017年も、当面の目標である2号店を実現するための準備をすすめます。そのためには大きく3つの課題があります。それは売上、資金、体制です。

資金について今出来ることは限られていて、資金調達の課題に向き合うのは2018年になりそうです。売上と体制についてが、2017年の大きな課題になります。

売上については稼働率がかなり高くなってきて、伸びしろが少ない状態です。どこかの段階で営業時間を増やすことで、売上を増やしたいと考えています。いつ、どのように営業時間を増やすか、それを検討して実施したいと考えています。

体制については、私が現場にいなくてもスタジオの運営が出来るよう、整える必要があります。

2010年のオープンから2013年までは私1人で運営していたのですが、2014年からアルバイトスタッフを迎え、チームでの運営にシフトしました。試行錯誤しつつ、およそ70%の営業時間をスタッフでカバー出来るところまで来れました。最初の課題になるのは、スタッフをもう少し増やして、営業時間の100%を基本的にはスタッフでカバーできる体制にすることです。

そして、2017年の最大の課題となりそうなのが、現在の店舗に対してある程度責任をもっていただける人の目途をつけることです。その責任者にどのような仕事をお願いして、それに応ずる待遇(給与など)を設定する予定です。そのためには、人件費を踏まえた事業計画が必要になります。実際に責任者に店舗を任せるのは2018年を予定していますが、2017年中に責任者としてお願いしたい人から、基本的な合意を得たいと思っています。

また、2016年の目標の持ち越しがあります。現在の店舗と直営2号店を展開した際の事業計画書を作る予定です(自分が検討するためのラフレベル)。特に体制面とそれを反映した経費(人件費など)、売上と利益の青写真を描きたいと思っています。

起業した時は夢物語だった2号店の実現が、少しづつですが近づいています。このプロセスをじっくり味わって、楽しんでいきたいと思います。



■関連記事
事業拡大に向けての体制づくりについて
【経営日記 2016年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446273100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック