音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』

【経営日記 20年3月】新型コロナの影響:売上は対前年同月比17%減少


オープンから9年と6ヶ月半が過ぎました。3月は売上目標をクリア出来ませんでした。

さて、そんな3月の主なトピックは、
・売上目標は未達(対前月で約10%減少)
・客数は対前月で減少
・客単価は対前月で増加
 (1回あたりの単価、来店頻度ともに増加)
・新規顧客数は対前月で減少
・稼働率は対前月で減少
 (防音室別の比率は、対前月でアップライトピアノ、電子ピアノ、0.8畳が減少)
・利用目的別の比率は、対前月でレッスンが減少して個人練習が増加
・新人アルバイトスタッフの採用決定と、研修開始
・新型コロナウイルスの対策(情報収集と営業時間見直しなど)

といったところです。


売上目標はクリアできませんでした。目標達成率は93%、対前月では10%減少、対前年同月比で17%減少でした。
売上減少の主な要因は新型コロナウイルスの影響です。スタジオアイシャの場合は音楽スタジオとしては特殊で、個人練習での利用がメインです。1人での利用であれば、利用中の飛沫感染のリスクは極めて低いと考えられることもあり、影響は限定的でした。レッスンなど2人以上の利用がキャンセルとなる中、その枠を個人練習の予約が入ったりと、しばらくは稼働率が大きく減少することはありませんでした。
しかし、外出自粛の要請が出てから状況がガラリと変わり、利用は通常の6割程度まで減少してしまいました。

売上の中身を見てみると、客数が大幅に減少して客単価が増加しています。また、稼働率はピアノのある広めの防音室の利用が減少し、ピアノのない1.2畳と1.5畳の稼働率が増加しています。利用目的はレッスンが減少して個人練習が増加しています。
この数値からも、レッスンなど2人以上での利用が減少する一方、常連のお客様が個人練習で、高い頻度で長い時間ご利用いただいた状況が見て取れます。そんなこともあり、大幅な売上減少にはつながりませんでした。

注視している新規顧客数も、前月と比較すると減少しています。しかし、外出自粛要請が出る前はほぼ前月レベルでした。

先月にアルバイトスタッフが1人退職したため、欠員補充のための採用活動をしていました。ありがたい話で、募集していた2月という時期としては予想より応募が多く集まり、早速採用が決まりました。研修も開始して、順調にすすんでいます。

また、4月から営業時間を変更するため、そのアナウンスをしました。今まで隔週月曜日は夜のみ営業していたのですが、これを廃止して毎週月曜日を定休日とすることにしました。これはもともと、2号店が本格的に動き始めたら私の時間のバッファを多めに取りたかったので、その時に実施するつもりでした。しかし新型コロナウイルスの影響を踏まえ、前倒しで実施することにしました。

みなさんご存知の通り、新型コロナウイルスは経済活動に大きなダメージを与えています。
そんな中、いろいろ悩みながらの日々です。そもそも営業すべきなのか、レッスンで生計を立てている方、スタッフの収入、スタジオアイシャの資金、などなど・・・
なんだか久しぶりにストレス多めの日々ですが、そんな時にはスティービーの音楽が聴きたくなるのです。今までどれだけ助けてもらってきたことか。
厳しい状況ですが、とにかく現状を冷静に分析し、自分に出来ることを考え、優先順位をつけて仕事をしていきたいと思っています。
そして2号店の計画は見直す必要がありますが、あきらめたわけではありません。目の前の壁をまずは乗り越えて、なんとか前に進みたいと思っています。



■関連情報
【経営日記 2019年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2020年の方針】直営2号店のオープン

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com


新型コロナ対応:臨時休業

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、想定していた最悪の事態まで来てしまいました。休業です。

3月は営業を続けるべきか、休業すべきか悩みまくった日々でした。
最終的に自分に問うたのは次の2つの質問でした。

「休業したいのか?」

したい。
恥ずかしい話ですが正直、この悩みから逃れたいという気持ちもありました。

「休業できるのか?」

出来る。
休業の想定は最短で3週間、最大で2カ月。主に必要な費用は家賃とスタッフの休業手当、他に諸々といったところです。
おかげ様でスタジオアイシャの経営は順調で、2号店を目指して資金を蓄えていました。たまたまそういうタイミングだったこともあり、資金面は大丈夫です。
もちろん、2号店のためにコツコツ蓄えた資金が消えていくのは身を切られる思いです。しかし、この最悪の状態では2号店の優先順位は下げざるをえません。
それにしても、計画通り2019年に2号店をオープンしていたら、資金的に休業という判断は出来なかったかもしれません。それを想像すると本当にゾッとします。

そんなこんなで、3月末には緊急事態宣言が発令されたら臨時休業をする決断をしていました。そして実際に発令されたタイミングで、その期限も踏まえて4/8(水)〜5/7(木)を臨時休業することにしました。

臨時休業をアナウンスした後、たくさんいただいている予約をキャンセルする処理をしていました。本当にたくさんの予約をいただいていて、それをキャンセルするのはつらい仕事でした。決心したはずなのに「1人での練習ならリスクは少ないのに」「レッスンで生計を立てているのに申し訳ない」など、いろいろな思いが頭に浮かんできます。

他にも臨時休業に入るための作業や、後回しにしていた事務作業などを片付けて、一段落したところでこのブログを書いています。いくつかの悩みから解放されて、気持ちはだいぶ楽になりました。

こうなると、次にすべき事はおのずと決まってきます。まずは、この臨時休業で受けるダメージを和らげたいところです。そのために、公的なサポート制度を最大限活用したいと思っています。
本格的に調べるのはこれからですが、雇用調整助成金と中小企業向けの給付制度が有望そうです。

いつになるかは分かりませんが、もし2号店を実現できたとしても、その後に感染症のリスクと向き合わなければならなくなる可能性は高いと考えています。そんな時のために、今回の経験からどれだけ学びとれるかが大切だと自分に言い聞かせつつ、休業期間を過ごしたいと思っています。



■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com


新型コロナ対応:雇用調整助成金

臨時休業のダメージを少しでも和らげるために、公的なサポートを最大限活用したいと思っています。
今回はそんな中から、雇用調整助成金について情報をシェアさせていただきます。

私は人事労務に関しては詳しくなく、正確でない点があるかもしれませんが、あらかじめご承知おき下さい。
私のように小規模事業の責任者で、人事労務に詳しくないけど自分で対応せざるえなくなった人に、一つの例としてお役に立てれば幸いです。

休業していても必要な費用がある訳で、その中で大きいのが家賃と休業手当です。
スタジオアイシャの場合、4/8〜5/7で臨時休業の予定です。私以外にアルバイトスタッフが6名いて、スタッフ全員に休業期間の休業手当を支給する予定です。その休業手当について、貸付ではなく給付という形でサポートしてくれる制度が雇用調整助成金です。

雇用調整助成金は、今まで知りませんでしたが元々あった制度のようです。しかし新型コロナの対策として4/1〜6/30の期間は様々な特例措置を取っていて、ほぼ別物と言ってもいい制度になっています。以下は全てこの対象期間で特例措置を前提としています。

スタジオアイシャの場合、少し乱暴ですがポイントは次の通りです。
・休業で売上が減少したほとんどの事業者が対象
・アルバイトスタッフの休業手当も対象
・雇用したばかりの新人スタッフも大丈夫
・休業実施後の書類提出でOK
・複数月まとめて申請可能
・解雇がなければ休業手当の9割給付


概要は次のHPで公開されているガイドブック(簡易版)の最新版が比較的分かりやすく、正確な情報だと思います。
また、同じページで紹介されているFAQも参考になります。
厚生労働省の雇用調整助成金に関するHP


私は恥ずかしながら、そもそも休業手当について知りませんでした。
ちなみに、計算方法は次の通りです。
・平均賃金×休業日数×60%(60%以上)

平均賃金の計算方法は次の通りです。
次のどちらかで金額が高い方
・3か月間の賃金の総額÷3か月間の歴日数
・3か月間の賃金の総額÷3か月間の労働日数×60%
詳細は次のHPが参考になると思います。
HR Base「休業手当の計算に必要な、平均賃金の出し方【計算用Excelシート付】社労士監修」

なお、有給休暇は賃金の総額に含めるとのこと。詳しくは次のHPが参考になります。
日本の人事部 人事のQ&A「平均賃金算出方法(最低保障)」

また、新人スタッフで入社後3ヶ月未満でも、直前の賃金締切日から起算するとのことです。詳しくは、次のHPを参照して下さい。
労働問題.com「10分で分かる!平均賃金の計算方法」


申請書については、私も作成はこれからですが、ガイドラインを参考にしていけばなんとかなる気がしています。
参考までに、申請書の一つとなる休業協定書についてです。
本来、休業の実施前に休業協定を締結するのがあるべき流れかと思いますが、特例措置として事後でも大丈夫とのことです。
休業協定書については、次のHPが参考になるかもしれません。
ワーク・ルール 【新型コロナウイルス】雇用調整助成金(休業手当)の要件・助成金額・申請方法などを解説「労使協定の作成・提出」

今のところスタジオアイシャの休業期間は、4/8〜5/7を予定していますが、状況によっては延長せざるを得ない場合もあります。特例措置で6/30まで事後の申請でOKとのことですので、休業が終了した後に申請したいと考えています。

なお、問い合わせ先についてです。
一般的な問い合わせは次のコールセンターに電話する方法があります。

コールセンター:0120-60-3999
受付時間 9:00〜21:00(土日・祝日含む)

私の場合ですが、コールセンターはかかりにくい上に、少し突っ込んだ話はかなり電話口で待たされて地域の窓口を紹介されました。そして地域の窓口に何度も電話しましたが、一度も繋がらない状況です。メールでの問い合わせに関する情報も見当たらず、問い合わせはハードルが高そうです。


ガイドラインを見る限り、休業手当の9割を給付してもらえるように見えますが、保証はありません。また、給付されるとしてもいつ給付されるか保証はありません。スタジオアイシャの場合はたまたま当面の手元資金が確保できていますが、手元資金が厳しい事業者の方は不安だと思います。手元資金が不足している場合は、まずは資金調達を優先する必要があるかと。

自分で出来ることの一つが雇用調整助成金の活用です。これで少しでも臨時休業のダメージを和らげたいと思っています。



■関連情報
【カテゴリ】新型コロナ

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
s-aisya.com