音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)

【経営日記 18年1月】2018年の方針決定/8期目のスタッフ採用活動/法人としてはじめての決算準備

オープンから7年と4カ月半が過ぎました。1月はギリギリ目標を達成することが出来ました。

さて、そんな1月の主なトピックは、
・売上目標は達成(対前月でほぼ横ばい)
・客数は対前月で減少
・客単価は対前月で増加
 (1回あたりの単価がほぼ横ばいで、来店頻度が増加)
・新規顧客数は対前月で少し減少
・稼働率は対前月でほぼ横ばい
 (防音室別の比率はほぼ同様)
・利用目的別の比率は対前月とほぼ同様
・2017年の振り返りと2018年の方針決定
・アルバイトスタッフの退職と募集の開始
・法定調書、償却資産申告の提出(e-tax)
・決算準備(会計の仕訳作成など)
・法人税と申告についての勉強
といったところです。

売上は前月からほぼ横ばいでした。ギリギリではありますが、2018年最初の月は目標値をクリア出来ました。例年より寒い日が多かったことを考慮すれば、まあまあの出足だと思います。

売上はあまり変わりませんでしたが、売上の中身を見てみると、ここ数年では大きな変動がありました。客数が減り、客単価が増加したのです。客単価の中身、1回あたりの単価はほぼ横ばいで、来店頻度のみ増加しました。
利用者が減っても、コアなお客様が何度も来店いただいたことで稼働率を保つことが出来たという側面からは、とてもありがたくて心強い点ではあります。しかし別の側面からは、健康で適切な客単価から少し外れてしまっていて、これは中長期的にはあまりよい状態ではないとも考えています(健康な客単価がどのくらいかというのは難しいのですが)。

新規顧客数は少し減少しました。9月をピークに少しづつ下がってきています。新規顧客数は重要な先行指標だと考えていて、この傾向を重要視しています。

昨年後半から、ネガティブな数値が散見されるようになってきました。まだ直接的に売上が下がってきている訳ではありませんが、要注意なレベルだと考えています。状況を見ながら、適切に対策を打てるようにしていかなければ。

今月は2017年の各種データを整理してふりかえりをしました。また、2018年の方針について検討をしていました。この件については、次の記事に詳しく書いています
【経営日記 2017年】ふりかえり
【経営日記 2018年の方針】2号店の事業計画作成

アルバイトスタッフが年末に1人退職し、1月の中旬に1人退職しました。不思議と重なるものです。そのため、1月から8期目のアルバイトの募集を開始しました。いつもながら悩みまくりましたが、新しく1名のスタッフに来ていただくことになりました。もう1人スタッフを迎えたいと思っているので、募集を継続していく予定です。1月から募集を開始したのははじめてですが、学生さんの応募が少ない傾向があるかなと感じています。

1月は役所への届け出が集中する時期です。法人としてはじめての手続きがあり、少し戸惑いつつも法定調書や償却資産申告を提出しました。税務署への届け出はe-taxで、市町村へは郵送や直接出向いて提出しました。eLTAXを使うことも検討したのですが、昨年に導入した人事労務のシステムが郵送を前提にしたシステムなので、当面は郵送を基本にしたいと考えています。人事労務システムを使うことで、給与支払報告書の書類作成はだいぶ楽になりました。

そして法人としてはじめての決算の準備をはじめました。決算のための仕訳(減価償却など)を作成し、会計の処理はほぼ終了です。そして、法人税の申告の準備をはじめました。法人成りを決めた時から覚悟はしていたのですが、調べてみると予想以上に手強そうです。多くの会社は、税理士さんにお願いしているようですが、調べてみるとなかなかの費用です。スタジオアイシャは利益をドンドン出せるビジネスモデルではないので、バックオフィス系はなるべく自力でこなして、コストを抑えたいと考えています。また、外に丸投げするのではなく、法人税の仕組みを理解することで、賢くお金を回せるようにしたいとの思いもあります。頭がオーバーヒートしそうですが、法人税を自力で申告するための勉強をすすめています。

さて、2018年のスタートです。2017年の後半から少し雲行きが怪しいと感じることが増えてきました。当然ながら、ビジネスには波があっていい時もあれば悪い時もあります。大切なのは、どんな時でも”冷静に”現在の状況を見て、未来への判断を重ねていくことだと、自分に言い聞かせています。もちろん、法人になって新しい経験が出来るので、それを楽しんでいきたいと思っています。



■関連情報
【経営日記 2017年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2018年の方針】2号店の事業計画作成


■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/