音楽スタジオの起業日記

川崎市の音楽スタジオ(武蔵小杉駅近)『スタジオアイシャ』
音楽スタジオの起業日記

【経営日記 18年8月】2ヶ月連続で3度目の目標未達

オープンから7年と11ヶ月半が過ぎました。8月の売上目標は大幅な未達となってしまいました。

さて、そんな8月の主なトピックは、
・売上目標は未達(対前月で約5%減少)
・客数は対前月で少し減少
・客単価は対前月で減少
 (1回あたりの単価は横ばいで、来店頻度が減少)
・新規顧客数は対前月で大幅に減少
・稼働率は対前月で減少
 (防音室別の比率はほぼ同様)
・利用目的別の比率は、対前月で個人練習が少し増加して、レッスンが少し減少
・新人アルバイトスタッフの採用
・2号店に向けての予約システム改善検討

といったところです。

売上は前月から約5%減少して、目標値をクリア出来ませんでした。前月に続いて2ヶ月連続、4月とあわせて今年で3度目の月間売上目標の未達、しかも大幅な未達となってしまいました。ちなみに、対前年同月でも大きく売上は下がっています。

売上の中身を見てみると、来店頻度の減少が目立ちます。一方、利用目的別の比率を見るとレッスンの利用が減っていいます。これらの数値から、今回の売上が減少したのは、レッスンの利用頻度が少なくなったことが主な要因のようです。最初に売上を見た時に、猛暑が原因かなあと推測したのですが、どうもお盆休み期間にレッスンの利用が減ったことの方が影響は大きかったようです。お盆休みの利用はその年によって変動が大きく、ある程度は仕方ないとと考えています。また客数はそれほど減っていませんので、一時的な現象であれば問題はありません。

一方、新規顧客数が大きく減ったことが気になっています。HPのアクセス状況を見る限り前月とそれほど変わっていないのですが、新規顧客数はガクッと減っています。これはもしかすると、猛暑の影響があったのかもしれません。これも一時的な現象であれば問題ないのですが、来月の動向には注意する必要があります。

また新人のアルバイトスタッフを1人採用しました。もう1人、スタッフを増員したいので募集は継続しています。

今月からネット予約システムの改善について検討をはじめました。スタジオアイシャの場合、ネット予約システムは自前で構築していて、現在は1店舗で利用する想定のシステムです。2019年にオープンを目指している2号店を見据えてのことプラス、今まで改善したいと考えていたことをまとめて、システムをお願いしている会社に相談をはじめました。2号店は店舗の物件が見つかれば、その後は店舗の準備が忙しくなってシステムに関して時間を取るのが難しいので、システムの変更を前倒しで実施しようと考えています。ただ、具体的にどんなタイミングでどう実施するかは悩ましく、いろいろ検討中です。

今年の夏は猛暑の上に台風も多く、なんだかメチャクチャです。今年の夏がスタンダードにならないことを祈るばかりです。そんなこんなで月日は流れていきますが、9月15日にスタジオアイシャは8周年を迎えます。8年もの間、様々な経験をさせていただいて、充実した時間を過ごせたことにひたすら感謝です。これからも初心を忘れず、自分自身が音楽を通じて仕事を楽しみつつ、少しでも多くのハッピーを生み出せるようがんばっていきたいと思っています。




■関連情報
【経営日記 2017年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2018年の方針】2号店の事業計画作成

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


【経営日記 18年7月】2度目となる月間売上目標の未達

オープンから7年と10カ月半が過ぎました。7月の売上目標は未達となってしまいました。

さて、そんな7月の主なトピックは、
・売上目標は未達(対前月で約1%減少)
・客数は対前月で減少
・客単価は対前月で少し増加
 (1回あたりの単価、来店頻度ともに少し増加)
・新規顧客数は対前月で少し減少
・稼働率は対前月で少し減少
 (防音室別の比率は2.5畳アップライトと電子ピアノの稼働率が少し減少)
・利用目的別の比率は、対前月で個人練習が少し増加して、レッスンが少し減少
・シフトマネージャーへの業務引継ぎ
・社会保険の算定基礎届提出
・業務上の怪我や病気のリスク対策

といったところです。

売上は前月から約1%減少して、目標値をクリア出来ませんでした。4月とあわせて、今年で2度目の月間売上目標の未達となってしまいました。

全体的な数値としては、好調だった前月で増えた数値が減少して元に戻った感じです。一番大きな変化は客数が減ったところです。

売上の中身を見てみると、客単価はわずかですが増加したにも関わらず、客数が減った分が売上の減少につながっています。これは、7月の気温がいつもより高かったことが影響したのかもしれません。また売上目標は、7月から9月が一番高いレベルになっていますので、目標未達という結果につながってしまいました。天気予報によれば、8月も気温が高い日が多そうですので、8月も売上目標をクリアするのは、なかなか厳しそうです。

7月からシフトマネージャーという新しいポジションを設置して、アルバイトスタッフの一人にその役割の担っていただくことになりました。シフトの管理などの仕事について、業務の引継ぎをしていました。

また、社会保険の算定基礎届を提出しました。今回は人事労務のソフトを導入してからはじめての手続きで、このソフトを使うことで書類の作成は自動で楽になりました。郵送が面倒だなあと思いながら、まあ現時点では仕方ありません。

ふとしたことがきっかけで、私が業務で怪我や病気をした場合、保険が適用されずに全額自己負担になるかもしれないことを知り、慌てて調査と対策をしました。詳しくは、次の記事にまとめています。
法人成り13−業務上の怪我や病気のリスク対策
地味ではありますが、この変の守りを少しづつ固めていくことも大切なことだと考えています。

今年の夏はとにかく暑く、体調管理にはかなり気をつかっています。私は48歳なのですが、自律神経は若いころよ衰えていることを認識しなければなりません。切ないですがその現実と向き合って、無理をせずにこの夏を乗り切っていきたいと思います。



■関連情報
法人成り13−業務上の怪我や病気のリスク対策
【経営日記 2017年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2018年の方針】2号店の事業計画作成

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


法人成り13−業務上の怪我や病気のリスク対策

個人事業から法人化し、合同会社の代表となって約1年半になりますが、今まで知らずに慌てて対策を検討したことがありました。

私自身が業務上の怪我や病気になった時の保険の適用についてです。今回は、そのことについて記事にしたいと思います。

個人事業の事業主は労災保険に加入することが出来ません。業務上の怪我や病気については、国民健康保険が適用されます。法人化した後は、法人の代表は労災保険に加入できませんが、健康保険に加入することになります。私は当然、個人事業の時と同じ感覚で、業務上の怪我や病気は健康保険がカバーしてくれる物だと思っていました。

それが違ったのです。健康保険は基本的な考え方としては業務上の怪我や病気については適用の対象外だったのです。つまり、労災保険に加入していなければ業務上で怪我や病気をした場合、治療費などは自己負担になってしまいます。このことを知った時は本当にびっくりしました。

対策を検討したところ、最初に目にとまったのが労災保険の特別加入という制度です。もう少し調べてみると、労働保険事務組合に労働保険関連の業務を委託することが前提になっています。その委託費用を調べてみたら、びっくりするほど高いのです。次のHPの例では、新規加入が3万円、月に18,000円の費用がかかりそうです。
報酬額(溝口社会保険労務士事務所)

他に方法はないかと調べてみると、健康保険に関して次のようなHPを見つけました。
健康保険の被保険者又は被扶養者の業務上の負傷等について(平成25年10月から)(全国健康保険協会)
ポイントは次の点です。

「被保険者の数が5人未満である適用事業所に使用される法人の役員であって、一般の従業員が従事する業務と同一である業務を遂行している場合において、その業務に起因する疾病、負傷若しくは死亡に対しては、健康保険から保険給付を行います。」

スタジオアイシャ合同会社は被保険者の人数は5人未満です。なので、私が通常の業務を行っている場合、健康保険が適用されるはずです。念のため、電話で問い合わせたところその認識で問題ないとのことでした。スタジオアイシャ合同会社の場合、当面はこの条件に当てはまりそうです。

私は、個人的に医療保険に加入しています。念のため保険会社に確認したところ、この保険は法人の代表などの立場には関係なく適用されるとのことでした。

結果的には今までと変わらず、当面は健康保険と医療保険で怪我や病気のリスクに対応しようという結論になりました。

後になってから次のような分かりやすいHPを見つけましたので、参考までに紹介させていただきます。
ライフプラン別コラム - 経営者のための社会保険・労務管理(マイアドバイザー)

法人成りの際には、業務上の怪我や病気のリスク対策についても情報収集をして、検討しておくことをオススメします。



■関連情報
スタジオアイシャ合同会社を設立して法人化しました
カテゴリ「法人成り」

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/