音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
音楽スタジオの起業日記

【経営日記 17年11月】2ヶ月連続の目標未達

オープンから7年と2カ月半が過ぎました。11月は目標未達となり、2カ月連続の目標未達となってしまいました。

さて、そんな11月の主なトピックは、
・売上目標は未達(達成率95%、対前月でほぼ横ばい)
・客数は対前月で少し増加
・客単価は少し減少
 (来店頻度が少し減少し、1回あたりの単価はほぼ横ばい)
・新規顧客数は少し減少
・稼働率は対前月で少し増加
 (防音室別の比率はほぼ同様)
・利用目的別の比率は対前月で個人練習が少し増加して、レッスンが少し減少
・アルバイトスタッフが1名退職
・新設する店長の条件再検討
・年末調整の準備
・HP見直し

といったところです。


売上は目標未達となりました。達成率は95%で、10月に続いて2カ月連続の目標未達となりました。2017年では5月と合わせて3度目です。対前年同月比ではほぼ横ばいですが、隔週月曜夜の営業をはじめて営業時間が増えているので、実質的には減少です。

10月の目標未達は週末に悪天候が多かったという外的な要因が大きかったと考えていますが、11月はそれほどの外的要因が見当たりません。アップライトピアノの防音室を値上したことが一因にはなっているかもしれませんが、他にも様々な要因がからんでいるかもしれず、よく分からないというのが正直なところです。大きく落ち込んでいる訳ではないので、一時的であれば問題ありません。しかしこの状況が続くかどうかは、しっかり冷静にチェックしていかなければなりません。

そんな中でも新規顧客数は対前月で少し減ってはいますが高いレベルを維持しており、悪い状況ではないと思っています。

アルバイトスタッフの1人が今年いっぱいで退職することになりました。残念ではありますが前向きな退職です。ふと思い返すと2016年の9月以来、アルバイトスタッフの退職が1年以上ありませんでした。退職には仕方のない事情もあるので、少なければいいとは一概には言えません。しかし、2015年〜2016年は採用してもなかなか長続きしないケースがあったので、その時と比べればいい状態になってきているかなあと思っています。今回の退職に伴ってアルバイトスタッフを募集する予定です。もろもろタイミングを考えて、来年の1月から募集を開始する予定です。

来年から店長のポジションを新設する予定です。そのポジションをお願いする方に、以前条件を提示させていただきました。その方と話し合い、条件を少し見直していました。条件を見直すにあたって難しいのは、売上と経費の予測です。固く見すぎると出来ることが限られてしまうし、余裕を見すぎると資金繰りが回らなくなるリスクが高まります。そんなことをしながら、予測が外れたとしてもなんとか資金繰りが回せるよう対策を考えておく必要があるなあなど、いろいろ検討中です。

また、年末調整の準備をはじめました。今回からは人事労務関連のシステムを導入したので、準備が出来てしまえば年末調整の計算などは簡単に終わるはず、です。

同時に、HPを見直しています。SEOなどの情報をアップデートするのに、本を読んだりネットを調べたりしていました。また、仕入れた情報を元に、HPに少しづつ修正を加えています。年末くらいまでは、HPを少しづつ改善したいと思っています。

気が付けば2017年も残りわずかです。今年のうちにやりたいことは山ほどありますが、冷静に優先順位をつけて、じっくり楽しみたいと思います。


■関連情報
【経営日記 2016年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2017年の方針】直営2号店を実現するための現店舗の体制強化


■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


【経営日記 17年10月】今年で2度目の目標未達と会計ソフトの見直し

オープンから7年と1カ月半が過ぎました。10月は今年で2度目の目標未達となってしまいました。

さて、そんな10月の主なトピックは、
・売上目標は未達(達成率95%、対前月で減少)
・客数は対前月で減少
・客単価は横ばい
 (来店頻度、1回あたりの単価ともにほぼ横ばい)
・新規顧客数はほぼ横ばい
・稼働率は対前月で減少
 (防音室別の比率はほぼ同様)
・利用目的別の比率は対前月でレッスンが少し増加して、個人練習が少し減少
・会計の効率化(ソフトの見直しなど)

といったところです。

売上は目標未達となりました。達成率は95%で、5月に続いて今年で2度目の目標未達となりました。

目標未達の要因としては、10月は雨が多かった、特に週末に多かったことが一因と考えています。
売上の中身を見てみると、客単価はほぼ横ばいなのに対して、客数が減少しています。一方、利用目的別の比率では、個人練習が減少して、レッスンが増加しました。これらの数値から、個人練習で利用のお客様が、雨の影響を受けて利用が少なくなった背景が推測できます。

10月のように、例外的に雨が多かったり悪天候になるというのは今後もあり得ることです。ただ、それほど頻繁に起こることはないはずなので、年間で帳尻を合わせらられれば問題ないと考えています。

そんな中でも新規顧客数は高いレベルを維持しており、それほど悪い状況ではないと思っています。

また、今月は会計の効率化、その中でもソフトの見直しや効率的な使い方を検討していました。個人事業で開業以来、法人化後も同じ会計ソフトを使っていました。大きな不満がある訳ではないのですが、使わない機能が多いのとサポート料金が結構高いので、もう少し安く出来てより効率的なシステムがあれば乗り換えたいなと考えていました。
いろいろ調べてみると、某クラウドが候補に上がってきました。サポート料金など、年間でトータルで見ると安くなりそうです。また、今のソフトにはない機能で効率化も期待できます。
そこで、実際に使ってみて検討しようとしたのですが、移行作業でつまづいてしまいました。サポートに問い合わせをしたのですが、結果的に問題を解決できず、移行が出来ない状況でした。また、そのサポートを受ける際、今のソフトのサポートに比べると品質がかなり落ちると感じました。会計や税務に関しては、税理士さんにお願いせず、私が実務をしています。ということもあって、サポートの品質はかなり重要です。
結果的には、料金や機能などで多少不満はありますが、サポートの観点から今のソフトを継続して使っていくことにしました。そして、効率的な活用法を調べたり、実践したりしていました。

気が付けば2017年も残り約2カ月になってしまいました。年末年始は法人化後はじめての年末調整や決算などでいろいろ起こりそうですが、じっくり味わっていきたいと思います。


■関連情報
【経営日記 2016年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2017年の方針】直営2号店を実現するための現店舗の体制強化


■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


法人成り11−予定納税の減額申請

法人成りに伴って、法人設立前後は手続きが目白押しですが、そのしばらく後にも細かな事がポツポツ出てきます。その一つが、予定納税関連です。

予定納税とは、ざっくり言うと前年の所得税の実績から、ある程度の納税額を見込んで、前倒しで納めて下さいという制度です。

個人事業の時は確定申告で所得税を計算して納めています。ところが、法人になると役員報酬で月々得ている収入から源泉徴収で所得税を納め、年末調整でつじつまを合わせる形に変わります。

そのようなこちらの事情とは関係なく、個人事業だった時の所得税をベースに、法人になっても予定納税の通知が届きます。源泉徴収で支払った上に、予定納税を支払う必要はないはずです。

これまた面倒なことなのですが、予定納税を納めなくていいようにするためには手続きが必要になってくるのです。この手続きが、予定納税の減額申請です。

予定納税を納めて、年末調整でづじつまを合わせる方法もあります。しかし年末調整の時期はバタバタしそうだったので、予定納税の減額申請をすることにしました。以下は、その手続きについてです。

まず、期限が短いことに注意です。納付書が届いた6月15日頃から約一か月後の7月15日が期限となります。

書類は、「予定納税の減額申請」で国税庁の次のようなページが見つかると思います。
平成 29 年分所得税及び復興特別所得税の予定納税額の7月(11月)減額申請書(PDFファイル)
この書類に記入することになります。

ほとんど問題ないとは思いますが、少しややこしいのが申告納税見積等の計算書部分だと思います。私の場合、次のサイト利用させていただきました。
所得税・住民税簡易計算機

申請してしばらくしたら、承認通知書が郵送されてきました。通知書の承認後の額が0円になっていれば、予定納税はしなくてもOK。

それにしても、手続きが多すぎますぜ。



■関連情報
スタジオアイシャ合同会社を設立して法人化しました
カテゴリ「法人成り」