音楽スタジオの起業日記

studio Aisya(スタジオアイシャ)
音楽スタジオの起業日記

【経営日記 17年7月】はじめての値上げ実施

オープンから6年と10カ月半が過ぎました。7月は目標値をクリアすることが出来て、引き続き好調です。

さて、そんな7月の主なトピックは、
・売上目標は達成(対前月で約7%増加)
・客数は対前月で少し増加
・客単価は対前月で少し増加
 (来店頻度、1回あたりの単価ともに少し増加)
・新規顧客数はほぼ横ばい
・稼働率は対前月で増加
 (防音室別の比率はほぼ同様)
・利用目的別の比率は対前月でほぼ同様
・アップライトピアノの防音室など、一部値上げを実施
・アルバイトスタッフの研修
・店長候補の方に条件案を提示

といったところです。

売上は前月と比較すると増加して、目標を達成することが出来ました。
年初の計画では、7月から営業時間を延ばす計画で目標を設定していたのですが、実施は8月からになりました。これは、一部防音室の値上げを先にしたためです。そんな背景もあって、7月の目標値クリアは難しいと思っていましたが、結果的にはギリギリクリアすることが出来ました。7月〜11月は例年ご利用が多い時期ではありますが、それが予想以上だったことと、一部の値上の分が売上増につながったためとみています。ということで、引き続き好調です。

新規顧客数はほぼ横ばいで、引き続き高いレベルだと考えています。

そして今月から予約をいただいた分から、アップライトピアノの防音室とレンタル楽器の一部について、料金の値上げを実施しました。それに伴ったアナウンス、システムの設定変更、スタッフへの運営の指示など、もろもろ対応をしていました。サービスの核となる防音室の値上げははじめての経験で、正直なところお客様の反応に対してとても不安でした。今のところは想定内の状況ではありまが、今後も経過を見ていく必要があります。

また新しいアルバイトスタッフを迎え、研修をはじめました。研修も少しづつ慣れてきて、効率的に教えることが出来るようになってきたと思っています。さらに経験を積んで、いろいろ工夫しながらスキルアップしていきたいところです。

2017年の大きな課題として、現店舗のシフトに関して責任を負っていただく方をアサインしたいと考えています。この新しいポジションを店長として、その人にどのような仕事をお願いして、どのような契約をすべきか検討していました。そのたたき台が出来たので、店長候補の方に提示させていただきました。店長候補の方にこの資料を検討いただき、今後すりあわせをしていき、基本的な合意が出来ればと考えています。

とにもかくにも暑い日々ですが、ボサノバ多めのBGMとととに、あせらず前に進んでいきたいと思っています。



■関連情報
アップライトピアノの防音室とレンタル楽器・機器における値上げの背景
【経営日記 2016年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2017年の方針】直営2号店を実現するための現店舗の体制強化

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


【経営日記 17年6月】7期目のスタッフ採用活動と年金事務所の調査

オープンから6年と9カ月半が過ぎました。6月は目標値をクリアすることが出来て、引き続き好調です。

さて、そんな6月の主なトピックは、
・売上目標は達成(対前月でほぼ横ばい)
・客数は対前月で少し減少
・客単価は対前月で少し増加
 (来店頻度が増加して、1回あたりの単価がほぼ横ばい)
・新規顧客数は少し減少
・稼働率は対前月でほぼ横ばい
 (防音室別の比率はほぼ同様)
・利用目的別の比率は対前月でほぼ同様
・アルバイトの採用活動をして1人採用決定(7期目)
・年金事務所の調査
・人事労務に関する勉強

といったところです。

売上は前月と比較するとほぼ横ばいで、目標を達成することが出来ました。営業日数は同じでしたが、土日祝日は3営業日少ない中で、横ばいは十分な結果です。しかし、前月の休日はゴールデンウィークという特殊な要因があるので、比較は難しいところです。いずれにせよ、引き続き好調と見ています。

売上の中身を見てみると客数が少し減少した一方で、客単価、その中でも来店頻度が上昇しています。このあたりの数値は5月が少し特殊で、3,4月の数値に近い状況です。

稼働率の防音室毎と利用目的別の比率は、対前月でほとんど同じでした。

新規顧客数は少し減少しましたが、まだまだ高いレベルだと考えています。

前月、6期目のアルバイトスタッフの採用活動で、一人の採用を決めさせていただいていました。しかしその後、その方と連絡してスケジュールなどを調整していた時に、シフトに関して大きな認識の違いがあることが分かりました。いろいろ相談させていただき、結果としては採用を取り消しにせていただくこととなってしまいました。一度採用とさせていただいたにも拘わらず、その方にはご迷惑をおかけすることになり、本当に申し訳なく思っています。そして改めて、様々なバックグランドを持った方と認識を合わせるということの難しさを学びました。今回の経験をしっかり活かしていかなければと思っています。

そして急遽、7期目のアルバイト募集を開始して、一人の採用を決めさせていただきました。7月から研修を開始する予定です。

ちょっと変わったことでは、年金事務所の調査を受けました。税務署の調査はいつかあるのかなあと覚悟をしていたのですが、年金事務所から調査があることは知らなかったので、少しびっくりしました。ネットで調べてみると、会社を設立した数カ月後に調査が行われる可能性があるようです。年金事務所からの手紙を見ると、必要な書類をそろえて指定の場所に行かなければなりません。例えば給与明細や出勤簿の提出が求めれらているのですが、これらのの書類は電子化して効率化しているので、紙になっていません。年金事務所に電話して、ノートパソコンに必要なデータを入れていくので、それで確認してほしいとお願いしたのですが、答えはNo。何とも納得しがたい気持ちを抑えて印刷しました(せっかく効率化してるのに)。調査自体は問題なく終了したのですが、ただただ面倒だったというのが正直な気持ちです。

2017年の大きな課題として、現店舗のシフトに関して責任を負っていただく方をアサインしたいと考えています。その人にどのような仕事をお願いして、どのような契約をすべきか検討するにあたって、人事労務に関する勉強をしていました。検討する材料がほぼそろったので、来月はざっくりしたレベルですが、内容をまとめたいと思っています。

どうも今年の夏は暑そうな雰囲気です。暑いのは苦手なので、体調管理には十分気を付けて、乗り切っていきたいと思っています。


■関連情報
【経営日記 2016年】ふりかえり
【経営日記】中長期的な目標(2017年1月作成)
【経営日記 2017年の方針】直営2号店を実現するための現店舗の体制強化

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/


法人成り8−会計4 法人としての会計諸々

法人化してみて、実質的な運営に大きな違いはないのですが、会計上ではその違いを感します。

個人事業でよく使っていた勘定科目、事業主貸や事業主借が法人では存在しません。基本的には個人の財布と法人の財布は別、という考え方になります。しかし、実際の運営ではそうもいきません。例えば私個人の財布から店舗で使用するトイレットペーパーを購入する場合です。いろいろ調べてみて、このようなケースでは役員借入金という勘定科目を使うことにしています。その際は、私からお金を一時的に借りた状態にななって、BS上に残ります。この借入がある程度たまってきたら、返済する形を取っています。

また、私個人の収入についての扱いも違います。法人では、代表の私の収入は役員報酬という勘定科目で経費として処理します。この役員報酬の設定が、結構難しかったりします。スタジオアイシャが法人化した目的の1つは、2号店を実現するための資金調達をしやすくするためです。そのためには、なるべく赤字決算にはしたくありません。一方、法人化の別の目的では節税もあります。節税のためには、なるべく法人の利益を減らすために、役員報酬を赤字にならない程度まで経費にしたいのです。このためには、年間の売上と経費を予測する必要があります。売上は今までの6年間の実績があるので、ある程度可能です。一方、経費は法人としての経費が個人事業とは違う点も多く、難しいところです。私の場合、事業計画を作って役員報酬を設定した後、経費の予測で漏れがることが分かりました。具体的には、社宅の経費(これについては、別途節税に関する記事にする予定です)の見込が漏れていたのです。ちなみに役員報酬は、一度決めた後は基本的に変更が難しいのです(不可能ではないのですが)。この経費の読み違いで、2017年は赤字になってしまう危険性があります。2年目以降は経費の見込みの精度はかなり上がると思いますが、1年目はなかなか難しいです。

その他についても、法人の会計については少しでも効率化したくて勉強をしていました。その中でも、次の本が特に参考になりました。

■ひとり社長の経理の基本


社長1人の法人だけでなく、小規模の法人でしたら参考になることが多いと思います。

そんなこんなでいろいろありますが、これからも会計について勉強しつつ、経験を積んでいきたいと思います。

■関連情報
スタジオアイシャ合同会社を設立して法人化しました
カテゴリ「法人成り」

■studio Aisya (スタジオアイシャ)
http://s-aisya.com/